秋真っ盛りの季節です。会社仲間とキャンプを楽しんできました。場所は2回⽬の「⼭⽥湖⻘少年旅⾏村(中島公園)」に⾏きました。⾝近のアウトドアのプロに聞いてみると、皆さん「良いとこです」というキャンプ場なので、期待が⾼まります。昼まで⽤事があってそれをすませて、4時過ぎにキャンプ場に⼊ります。⼊場料が⾞⼀台800円、テント⼀張⼀泊1,000円でした。管理棟で⽀払を済ませます。家族4⼈で⼀泊1000円ということで、それなりのお値段となっております。
先に来ていた同僚4⼈がすでに準備を始めています。まずはテントを張ります。タープ5張と、各⾃テント5ハリです。夜に備えて、今回は防寒グッズをぬかりなく準備すみ。⼭間のキャンプ場ということで、すぐに暗くなってきます。そして、メインイベントの⼣⾷タイムに⼊ります。まずはビールでみなさん乾杯。 同僚Kが持ってきた「生魚」を炙ります。さすがに⽕を使うので危険予知をしながら作業します。危険予知イラストを準備することまではできませんので、お互いに危険を指摘しあいます。

これが⾮常に美味いです。焼きたては最⾼です。メインはミルフィーユ鍋で、豚⾁と⽩菜を重ねたものです。写真を撮っておくため、きれいに仕込みますが、⾷べる時にはあっという間にぐちゃぐちゃになってしまいました。やはり寒い時期には鍋ですな。笑い話ですが、こんなキャンプはドキドキするものです。
⼭⽥湖のキャンプでは飯盒でご飯を炊きました。飯盒で炊くと格別ですね。やがて、思い出話に花が咲きます。お話は泉の様に次から次と出てきます。話のネタがこんなにあったっけ、という感じです。今思うと⾊々経験できて最⾼だった学⽣時代の話もしました。その卒業時にはピアノ演奏が卒論でした。始めてみて触る時、エレクト-ンの⾳⾊最⾼だったね、という話もしました。今どうしているかなあ、あの友⼈、という話も出て思わず涙が出そうにもなりました。
饅頭もデザートで出てきましたが、躊躇していると、友⼈⽈く、「体操して⾷べれば大丈夫だよ」と⾔われ、今⽇はいいかといただきました。帰りの電⾞の⾞中でコックリコックリしておりましたが、余韻がたまりません、今晩寝るのがもったいないほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です